2017.02 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2017.04

プチダリアの植栽
先日、埼玉県久喜市にある実野里フェイバリットガーデンへ行ってきました。

そこで、松原園芸で生産中の品種と同じプチダリアが植栽されていました。



どこにダリアがあるかわかりますか??


ここに植栽されているプチダリアは、
ハミングブロンズ サイレンティアという品種だと思います。


こちらが現在、松原園芸で生産中の
プチダリア ハミングブロンズ サイレンティアの3.5号ポット苗です。




これを植え込んで使うと、、、



グリーンの他の植物の中で、
プチダリアの銅葉と黄色の花が、
とってもいいアクセントになっていますね。
1ポットだけでも、挿し色として使うだけで、
花壇の色合いがぐっ


と引きしまってオシャレですよね〜。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
いつもご覧になって頂き有り難うございます。
松原園芸ブログを応援してくださる方は、
こちらを1日1回クリックしていただけると、、、



ブログランキングがあがります。
これからも応援よろしくおねがいします!

携帯電話からは、、、、
こちらの(↓)QRコードからも見れますので、よかったら見て下さいね!



松原園芸に関するお問い合せは、
こちらからどうぞ→お問い合せ



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・


【2013/06/10 06:07 】
| 植栽 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トップへもどる
とっとり花回廊へ行ってきました〜その3〜
今日もとっとり花回廊の続きです。



こちらはヨーロピアンガーデンです。




スタンダード仕立てに作られたバラです。
こちらの品種は『バレリーナ』という品種です。


一重咲きなので、
遠くから見るとバラには見えないかもしれませんが、
さくらの様な花の色合いでとってもきれいなバラです。


続いて向ったのは、霧の庭園です。



ペチュニアのハンギングがたくさんあります。

こんな感じで。



庭園の奥に見えるのは、、、



銅葉のスモークツリー(ウルシ科 Cotinus coggygria)です。
だいぶ、あばれていますが、庭園のアクセントになりますね。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
いつもご覧になって頂き有り難うございます。
松原園芸ブログを応援してくださる方は、
こちらを1日1回クリックしていただけると、、、



ブログランキングがあがります。
これからも応援よろしくおねがいします!

携帯電話からは、、、、
こちらの(↓)QRコードからも見れますので、よかったら見て下さいね!



松原園芸に関するお問い合せは、
こちらからどうぞ→お問い合せ



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・




【2013/06/06 22:35 】
| 植栽 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トップへもどる
とっとり花回廊へ行ってきました〜その2〜
今日も『とっとり花回廊』の様子を紹介していきます。


入場ゲートからは、まっすぐ続く通路の先に
ドームの様な温室が見えます。




温室の中の周りには、



ドーム上にビオラで植栽されていました。
こちらのビオラは、さすがに少し弱っている模様でした。


早速、中に入ってみると、、、、



中は、熱帯や亜熱帯の植物がたくさん植栽されていました。




ドーム内の周囲の通路には、
ランやポトスなどが植栽されています。
普段、観葉植物でみるポトスとは、
比べ物にならない大きさになっていますが、
環境条件が整うと、ポトスもとっても大きく育ちます。

実際に、東南アジアのバリ島にいったときには、
巨大に成長したポトスがありました。
下の写真がバリ島でみたポトスです。




こんな感じで、熱帯温室では、
ご家庭では見ることができない植物の姿を発見することができます。


また、とっとり花回廊のドーム温室の話に戻しますが、



こちらでは、木にチランジア(パイナップル科 Tillandsia usneoides)と
グズマニア(パイナップル科 Guzmania属)がくっついています。




サボテンやアガベなどの多肉植物も植栽されていました。
このアガベであれば、耐寒性がある程度ある丈夫な植物なので、
ご家庭でも、このくらいの大きさに育てることができます。
上手に育てれば、30〜40年後に花も咲きます。。。。
花が咲くまで気が遠くなりそうですが。



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
いつもご覧になって頂き有り難うございます。
松原園芸ブログを応援してくださる方は、
こちらを1日1回クリックしていただけると、、、



ブログランキングがあがります。
これからも応援よろしくおねがいします!


松原園芸に関するお問い合せは、
こちらからどうぞ→お問い合せ



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・




【2013/06/05 21:59 】
| 植栽 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トップへもどる
とっとり花回廊へ行ってきました〜その1〜
先日、鳥取県西伯郡南部町にある『とっとり花回廊』へ行ってきました。
とっとり花回廊は、面積約50ha(東京ドーム11個分)の広さがある日本最大級のフラワーパークです。


入場のゲートくぐると、熱帯・亜熱帯の植物が植栽されている
巨大なガラス温室が通路の先に見えます。




その左後方には、大山を借景として望むことができます。
(この日は残念ながら大山に雲がかかっていて見る事ができませんでしたが...)


今は、バラのシーズンなので、入場ゲートの近くには、
色々なバラも植栽されていました。



園内にはいろいろな植物が見頃をむかえていたので、
少しずつ紹介していきますね〜。

まずは、入場ゲートをはいるとすぐに植栽されていたダリアです。



こちらのダリアは『コンパクトダリア ファンタジー』という品種です。
園内の植物には、ほとんど名前の立て札が付いているので、
植物の名前がわからないときも、植物を見ながら名前を知る事ができます。

植栽されていたコンパクトダリアは、、、



オレンジや、




サーモンピンクや、、、




レッドなどなど、、、

その他にも銅葉の品種も植栽されていました〜。

園内はとっても広いので、植物を見ながら一回り歩くだけでも、
とってもいいお散歩になりますよ〜。



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
いつもご覧になって頂き有り難うございます。
松原園芸ブログを応援してくださる方は、
こちらを1日1回クリックしていただけると、、、



ブログランキングがあがります。
これからも応援よろしくおねがいします!


松原園芸に関するお問い合せは、
こちらからどうぞ→お問い合せ



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・


【2013/06/04 09:48 】
| 植栽 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トップへもどる
松江フォーゲルパークへ行ってきた
島根県の松江フォーゲルパークへ行ってきました。

フォーゲルパークに入ると、
すぐにいろいろな種類のフクロウとミミズクがお出迎えしてくれます。




受付をすませると、
最初に目の前に広がる光景がこちら。




温室の中、一面にベゴニアやペチュニアのつり鉢が広がっています。
この光景には圧巻です!




その他にも、ペラルゴニウムやフクシアの吊り鉢もあります。




こちらがフクシア(アカバナ科 Fuchsia属)です。


グランドカバーなどに使われている
ダイコンドラ(ヒルガオ科 Dichondra属)も
吊り鉢でとっても大きく育っていました!!





園内には熱帯の植物の温室もあります。




その他にも、レックスベゴニアやストレプトカーパスや、
球根ベゴニアなどなど、、、色々な植物を見る事ができます。
園内はとっても広いので、一回りするだけで、
2時間くらいはかかります。



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
いつもご覧になって頂き有り難うございます。
松原園芸ブログを応援してくださる方は、
こちらを1日1回クリックしていただけると、、、



ブログランキングがあがります。
これからも応援よろしくおねがいします!


松原園芸に関するお問い合せは、
こちらからどうぞ→お問い合せ



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・



【2013/06/03 08:57 】
| 植栽 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トップへもどる
| ホーム| 次ページ